/

この記事は会員限定です

世界の株式、先進国株軒並み下げ 日本株が下落率首位

[有料会員限定]

7~11日の世界の株式市場では、先進国の株価が軒並み下げた。米国やドイツの株価指数への高値警戒感が強まり、投資家が先進国株の持ち高を減らす動きが広がった。米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を続けるなか、縮小のペースや将来の利上げの時期をにらんで投資マネーの動きが不安定になっている。主要25カ国・地域のうちで下落率が最も大きかったのは日本で7%安。米国株もほぼ2カ月ぶりの安値を付けた。

16...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン