/

この記事は会員限定です

アベノミクス相場初の「5日続落」で潮目は変わるか

証券部 南毅

[有料会員限定]

「あとから振り返ると今日が潮目の変化と言われるかもしれない……」。11日の東京株式市場では市場参加者の一部からこんな声が漏れた。

この日の日経平均株価の終値は前日比52円43銭(0.34%)安い1万5164円04銭。これで5日続落だが、日経平均の5日続落は実は「アベノミクス相場」始まって以来、初めてのこと。2012年11月14日に野田佳彦首相(当時)が衆院解散に踏み切る発言をした前日までの7日続落...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン