経営者の人柄を買う 岩岡新次郎氏
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/2ページ)
2014/4/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京府立一中(日比谷高校)から株式仲買に転じる例はごくごくまれである。岩岡新次郎は同中学の2年を修了したところで、先代岩岡新次郎が経営する岩岡株式店に入る。明治40年のことだ。おそらく父親の命令によるものだろう。先代は文久2年(1862年)生まれで、早くから兜町で株の現物商いをやっていたが、明治44年に東株仲買人の権利を取得、当時の地場評では「年額480円余の直接国税を納め、まずは二流より下らぬ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]