住友大阪、投資家を失望させたお金の使い道

(1/2ページ)
2014/6/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「お金の使い道を説明できないのであれば、返してもらえませんか」

5月下旬、住友大阪セメントが都内で開いた大手機関投資家とのミーティング。投資家が言い放った言葉に住友大阪のIR(投資家向け広報)担当者は凍り付いた。

発端は5月14日に発表した2015年3月期から3カ年の中期経営計画だった。15年3月期の連結営業利益は2期連続で最高益となる見通し。前期比2%増の220億円を中計最終年度の17年3月期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]