2019年6月19日(水)

日立造船、「防災事業」進む航路は波高し

(1/2ページ)
2013/4/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

創業事業である造船から撤退し、どん底を味わった日立造船が、環境銘柄として輝きを増している。ごみ焼却炉などの引き合いが後を絶たず、環境事業は連結営業利益128億円(2013年3月期の会社予想)の7割強を稼ぎ出す大黒柱に育った。半年前に90円前後だった株価は直近160円台まで回復している。ただ、環境に次ぐ柱と位置づける防災関連は出遅れ気味。安倍晋三政権が掲げる「国土強靱(きょうじん)化」という風をつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報