スズキ、鈴木修会長「6月以降の見通し立たない」

2011/5/10 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スズキが10日発表した2011年3月期の連結決算は、純利益が前の期に比べ56%増の451億円だった。為替の円高や原材料価格の上昇を売り上げの増加や原価低減で補った。一方、今期の業績予想は東日本大震災の影響が見極めきれないとして公表を見送った。

都内での記者会見に出席した鈴木修会長兼社長は震災の影響について、「4月、5月の四輪車生産は前年比30%減少しているが、6月以降の見通しはまだ立たない」と述…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]