塩野義、特許切れの崖に見えた光明

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2014/4/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

糖尿病薬を巡り米国の陪審から巨額賠償を命じられた武田薬品工業、巨費を投じたインドの後発医薬品子会社の実質売却に追い込まれた第一三共……。最近、厳しいニュースが相次ぐ日本の製薬会社だが、明るいニュースがある会社もある。

特許切れの険しい「クリフ(崖)」が緩やかな「ヒル(丘)」になった、塩野義製薬だ。ドル箱だった高脂血症治療薬「クレストール」が2016年ごろから各国で特許切れを迎え、ロイヤルティー収…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]