/

この記事は会員限定です

株、1万3000円割れでも根強い現実買い

証券部 竹内宏介

[有料会員限定]

6日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、終値は前日比110円安の1万2904円だった。心理的な節目である1万3000円台を下回ったのは、黒田日銀が「量的・質的金融緩和」の導入を決めた直後の4月5日以来、約2カ月ぶり。期待先行の上昇相場を形成してきた「理想買い」は、5月23日の急落以降、剥落した。その一方でみえたのは、外国為替市場の円安や債券相場での金利高など、目に見える材料の恩恵を受ける銘柄への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン