2018年7月18日(水)

株、1万3000円割れでも根強い現実買い
証券部 竹内宏介

(1/3ページ)
2013/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 6日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、終値は前日比110円安の1万2904円だった。心理的な節目である1万3000円台を下回ったのは、黒田日銀が「量的・質的金融緩和」の導入を決めた直後の4月5日以来、約2カ月ぶり。期待先行の上昇相場を形成してきた「理想買い」は、5月23日の急落以降、剥落した。その一方でみえたのは、外国為替市場の円安や債券相場での金利高など、目に見える材料の恩恵を受ける銘柄へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報