/

この記事は会員限定です

ニッポン株式会社 4~6月期決算から(4)売上高営業利益率 特許切れで医薬に明暗

[有料会員限定]

世界的な景気減速の懸念や円高の進行で企業を取り巻く環境は厳しさを増している。景気が減速しても高収益を維持できる企業に共通するのは、採算の良い事業基盤を持っていることだ。2011年4~6月期の売上高営業利益率ランキングをみると、医薬品と通信が上位に目立つ。

4~6月期の売上高が500億円以上の上場企業(金融、新興2市場除く)を対象にした。

医薬品は上位20社に6社が入ったが、前年同期と比べた増減率で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン