/

この記事は会員限定です

株価座談会 南村氏「日本株に再び割安感」、松井氏「日経平均、1年後1万7000円も」

[有料会員限定]

日本経済研究センターは5日、野村アセットマネジメントの南村芳寛執行役員最高運用責任者と、ゴールドマン・サックス証券のキャシー・松井チーフ日本株ストラテジストを招き、「『アベノミクス』と日本株 2013年後半の相場展望」と題した座談会を開いた。足元で調整している株式相場について、好調な企業業績がけん引して再び上昇基調に戻るとの認識で一致した。(文中敬称略)

――日経平均株価は昨秋以降の上昇基調から一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3175文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン