/

この記事は会員限定です

セブン&アイが幕を開ける「コンビニ三国志」

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが国内コンビニエンスストア事業の成長戦略を加速する。4日、2014年2月期の国内コンビニ部門の営業利益が前期比10%増の2050億円になる見通しだと発表した。連結営業利益の約6割を占め、営業最高益更新の原動力となる。今期は前期に続き過去最大の出店を計画、商品開発の強化も進める。ローソンファミリーマートを加えた大手3社はスーパーや外食などの需要を取り込み、わが世の春を謳歌してきた。だが、セブン&アイが一段と攻勢をかけるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン