/

この記事は会員限定です

全日空、787不在を救うか「MCC」

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)が4月、持ち株会社(HD)制に移行する。事業の性質に応じて組織や待遇を分け、格安航空会社(LCC)事業と、高品質のサービスを提供する国際線事業を同時に拡大する狙いだ。米ボーイング787型機の運航停止が長引くなか、HD制は企業競争力につながるのか。カギのひとつが中型機で国際線中心に担う子会社「エアージャパン」。ANA本体とLCCの隙間を埋める、いわば「ミドル・コストキャリア(MCC)」とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン