小田急、箱根に外国人が増え業績も沸く

(1/3ページ)
2013/12/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

紅葉の季節は終わり、箱根駅伝まではまだ間がある。通常なら冬の閑散期にある箱根を平日昼間に訪れた。物見遊山ではない。日本を代表するブランド観光地、箱根をドル箱とする小田急電鉄の「おもてなし作戦」の現場を確認するためだ。

新宿から小田急電鉄のロマンスカーに乗ること1時間半。到着した箱根の地は本当に人でにぎわっていた。旗を持ったツアーコンダクターに引率された集団から聞こえてくる言葉は……中国語、韓国語…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]