/

この記事は会員限定です

日曜日も朝からケイ線にらむ中井幸太郎氏

鍋島高明・市場経済研究所代表

[有料会員限定]

マスコミ嫌いの中井幸太郎が経済誌「財界」のシリーズ「北浜のサムライたち」に登場するのは昭和30年7月のことだ。当時、中井は絵野証券社長として頭角を現していた。

「一向に無趣味な人である。ただ一つ熱心なものがある。それは相場だ。大井証券の大井治社長が働き虫のように全国の各支店出張所を駆け回る熱心さと、中井幸太郎が日曜日もずっと朝からケイ線ばかり眺めて相場を考えている熱心さとは、形こそ違うが実に対照的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1816文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン