/

この記事は会員限定です

エーザイの清水副社長「希望退職が想定より多く特損拡大」

[有料会員限定]

エーザイは3日、2014年3月期通期の連結純利益が前期比20%減の385億円になる見通しと発表した。医療用医薬品の新製品への販促費が増加、構造改革に伴う特別損失の計上もあり、従来予想(10%増の532億円)から一転、3期連続の最終減益となる。同日記者会見した清水初副社長は、特別損失が膨らんだ理由について「上限を定めていなかった希望退職への応募人数が想定より多かった」ことなどを挙げ、抗がん剤『ハラヴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン