2018年1月16日(火)

第一三共、大型新薬の収益への効き目は

(1/2ページ)
2013/12/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 いくら利益率の高さで知られる新薬開発とはいえ、創った後の不安が拭えなければ評価は難しいということだろうか。期待の大型新薬の承認を機に軟調になった第一三共の株価の動きからは投資家の疑念が透けて見える。

 売上高1000億円を狙う期待の大型新薬は、脳卒中などを防ぐ効果が見込める血液の抗凝固剤「エドキサバン」。11月20日、米心臓病学会の臨床試験(治験)で承認を受けた。既存薬「ワルファリン」と比べて、脳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

金利関連のデータ&チャート

記事の理解に役立つデータはこちら

決算の内容をより詳しく[マーケット]



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報