/

この記事は会員限定です

エーザイ、主砲アリセプトの功と罪

[有料会員限定]

プロ野球はセ・パ交流戦の真っ最中。福岡ソフトバンクが首位を独走する。プロ野球チームにとって頼れる主砲は欠かせない存在だが、製薬大手のエーザイにも長年4番を張ってきた薬がある。アルツハイマー型認知症治療薬の「アリセプト」だ。米国で1997年、日本では99年に発売されたこの薬は、2010年3月期には世界で約3230億円を売り上げるまで成長し、エーザイの収益拡大に大きく貢献してきた。

そのアリセプトの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません