/

この記事は会員限定です

マクドナルド、「ビッグマック」への正念場

[有料会員限定]

マクドナルドの利益成長が踊り場を迎えている。日本マクドナルドホールディングスが1日発表した2012年1~9月期の連結経常利益は前年同期比16%減の178億円だった。通期業績は7期ぶりに経常減益になる公算が大きい。低価格商品を導線として消費者を囲い込むこれまでの勝利の方程式を見直し、来期に110店舗を追加閉店するなど収益体質の改善に軸足を移す。リーマン・ショックなどの荒波も乗り切り、強気の姿勢を貫いてきた原田泳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン