/

HOYA4%高、リコーは小幅安 「ペンタックス」買収報道で

1日の東京株式市場でHOYAが大幅反発した。大引けは前日比71円(4%)高の1845円。取引時間中にリコーが10月をメドに同社が「ペンタックス」ブランドで展開するデジタルカメラ事業を買収すると伝わり、買いが集まった。「これまで収益の足かせとなってきたデジタルカメラ部門が切り離されるとの見方から、業績回復への期待が強まった」(国内証券)という。一方、リコーは4日ぶり反落し、大引けは前日比2円(0.2%)安の887円だった。

「マーケット」の週刊メールマガジン配信中
人気記事をまとめてチェック >>設定はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン