/

この記事は会員限定です

「ツケ口」の男、老境に入り堅実 田林豊之助氏

市場経済研究所代表・鍋島高明

[有料会員限定]

田林三兄弟が東西の投機界で大きく羽ばたくのは大正半ばのことだ。長男の豊之助は堂島に陣取り、次男喜三郎と三男菊三郎は兜町を本拠に互いに腕を競い合った。長兄田林豊之助の相場人生は3期に分けることができる。第1期は名将北野平兵衛のもとで腕を磨き、第2期は東京蛎殻町の米相場で産を成し、三つ輪印田林商店を創設、第3期は大阪に帰って堂島で客となり、やがて米穀仲買も開業する。

紀州は粉河寺で知られる粉河町(現・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン