東電株で苦杯をなめた、皆川四郎氏
鍋島高明・市場経済研究所代表

(1/3ページ)
2012/9/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県ゆかりの人物を網羅した「信濃人物誌」に皆川四郎のことは1行も記されていない。今や忘れられた経済人になろうとしているが、その足跡は有為転変、波瀾(はらん)万丈と呼ぶにふさわしい。明治42年、ガンを病み、死が迫っていたが、「財界名士失敗談」の取材に訪れた記者を前にとうとうとその生涯を語る。東京電燈(現東京電力)の取締役支配人として同社の整理、再建に取り組んでいた当時のことが忘れられない様子。

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]