ドイツに勝った日本株、円安時代のサインもともる
日本経済研究センター主任研究員 前田昌孝

(1/5ページ)
2013/1/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日の所信表明演説で14回も「危機」という言葉を使った安倍晋三首相の目にも、国民の自信の喪失が最大の危機に見えるようだ。どうしたら自信が持てるのだろうか。例えば、過去5年間の株価指数の上昇率を同じ基準で比較すると、日本株はユーロ圏で最強のドイツ株に勝っていた、などという分析は、勇気づける材料になるかもしれない。もう1つ、円の対ドル相場は1980年代から続いてきた円高トレンドが転換したシグナルを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]