/

この記事は会員限定です

「市場の甘え」許さぬ日米独中の厳しい姿勢

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

中国の代表的な株価指数である上海総合指数が5日連続で年初来安値を更新した。すでに最高値の3分の1以下の水準だが、ここで当局がバブル退治を優先すれば、一段安の公算もある。米国では連邦準備理事会(FRB)が9月にも資産買い入れの縮小に動く見通し。市場の顔色をうかがうことをやめたかのような日、米、独、中の金融当局の厳しい姿勢は、名うての運用プログラムにも想定外だったようで、設定来の損失を計上したシステム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン