/

この記事は会員限定です

企業は国を捨てられるか=ニコラス・ベロン氏

[有料会員限定]

ニコラス・ベロン氏

ブリューゲル社 シニアフェロー

証券取引所の統合をめぐる動きは企業と国家の関係が流動的になっていることを鮮明に示している。例えば米国のニューヨーク証券取引所(NYSE)は資本主義の国家的象徴でありながら、スケールメリットを最大化するため世界中にその触手を伸ばそうとする。NYSEユーロネクストをめぐる買収合戦に広くみられたのは、象徴と事業内容との間の緊張だ。

ニューヨーク州選出のシュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン