2019年9月23日(月)

労働力を「安売り」したが、雇用は増えたこの1年
編集委員 前田昌孝

(1/4ページ)
2013/12/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来年は先進国の成長が加速する――こんな見方をするストラテジストが増えている。今年の延長といえばそれまでだが、日本でも輸出数量指数が米国向けを中心に上向き始めた。企業経営の現場も繁忙さを増し、今年は就業者数が10月末現在で138万人増の6366万人と、1997年の142万人増以来の高い伸びを記録した。ただ、賃金はドル換算すると、大幅に目減りした。労働力を「安売り」することなく、好景気を実感できれば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。