身も細る製造業、復活の日は来るのか
日本経済研究センター主任研究員 前田昌孝

(1/5ページ)
(1/5ページ)
(1/5ページ)
2012/11/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オバマ大統領の再選ならば円高・株安、ロムニー氏の勝利ならば円安・株高……。やや単純すぎるきらいもあるが、市場関係者はこんな相場観で米大統領選の結果を待ち構えている。日本では4~9月期の決算発表が進行し、株価がさほど上昇したわけでもないのに、日本株の割安感がかなり薄まってしまった。原因は大手企業の業績見通しの下方修正。細身となった製造業に復活の日が来るのか、成長エンジンを非製造業に譲るのか、日本経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]