/

この記事は会員限定です

シャープは皆で救うのが一番いい

日本経済研究センター主任研究員 前田昌孝

[有料会員限定]

たまたまかもしれないが、山一証券は1997年4月に創業100周年を迎え、同年11月に自主廃業を決めた。1908年9月に設立された米ゼネラル・モーターズは2009年6月1日に連邦破産法第11条の適用を申請した。シャープも9月15日に創業100周年を控え、ぎりぎりの状況に追い込まれている。しかし、海外の企業に実質的に買収されることが、本当に日本の国益に合致するのだろうか。シャープの社員が一丸となって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン