/

この記事は会員限定です

遠のく長期金利安定と日銀の苦悩

[有料会員限定]

ボラティリティー(変動率)が過度に拡大することは避けなければならない」。日銀の黒田東彦総裁が記者会見でこう強調したのは、たった1日前のことだ。だが翌23日の東京市場では、長期金利が乱高下した。日銀の努力では抑えきれない市場の動揺は、中央銀行による金利安定化の難しさを強く印象づけた。

朝方は売りが優勢だった。米長期金利の上昇を受け、日本でも債券の売りが集中。10年物国債利回りは一時、1%に乗せ、先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン