シェールガス革命、専門家「楽観論は禁物、米投資家は敗者」

(1/3ページ)
2012/9/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の「シェールガス革命」に対して市場の関心が高まっており、日本の関連株や資源輸入価格の低下期待、米国の輸出政策を巡る思惑などの指摘が相次いでいる。技術系シンクタンクであるテクノバ(東京・千代田)の研究員、大場紀章氏に最新事情を聞いた。大場氏はシェールガスに対する国内の楽観的な論調に危機感を抱いている。

 ――シェールガスが日本で注目を集めている。

「シェールガスに特化した米企業に資金を出した投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]