/

この記事は会員限定です

コマツの「GPS」に映った世界景気 投資の判断材料にも

[有料会員限定]

株式市場で東日本大震災の復興関連銘柄や資源関連銘柄への関心が高まっている。建設受注や化石燃料など需要の伸びが見込まれるため、投資家の間に買い安心感があるためだ。そんな中、建機大手コマツが1月31日に開いた決算発表の説明会が市場で話題を呼んでいる。「日本株全体の投資判断の材料になるのでは」との見方が出ている。

建機の稼働が映す世界景気

1月31日、コマツが市場関係者向けにネット上で開いた2011年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません