/

この記事は会員限定です

変わる投信勢力図 豪ドル債、グロソブ脅かす資産規模に

[有料会員限定]

投資信託の勢力図が塗り替わろうとしている。国内で公募された追加型株式投資信託(ETFを除く)の純資産残高ランキングで、約10年のあいだ首位の座に君臨してきた「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」を脅かす投信が出てきたためだ。王者に迫るのは大和住銀投信投資顧問の「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)」。グロソブとの差は1年前の1兆7600億円から5000億円まで縮まっている。高金利のオースト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン