/

この記事は会員限定です

かすむ電機大手、シャープ時価総額5000億円割れ

ソニー・パナソニックと合わせてもファナック下回る

[有料会員限定]

2日午前の東京株式市場でシャープが大幅に続落した。一時は前日比25円(5.3%)安の443円まで下落し、連日で年初来安値を更新。株式分割を考慮すると1980年以来32年ぶり安値を付けた。同社は4月27日の2012年3月期決算発表で、今期(13年3月期)も最終赤字が続くとの見通しを示した。台湾・鴻海精密工業グループとの提携による収益押し上げ効果が今期の時点では明確にならないことが失望感を強めていると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン