/

この記事は会員限定です

米緩和縮小、中国リスク……7月相場を徹底討論

[有料会員限定]

週末28日の日経平均株価は400円を超す大幅上昇となり、米国の量的緩和第3弾(QE3)の縮小や中国の金融システム不安に揺れた市場心理はひとまず落ち着きつつあるようにも見える。株や為替などの相場は今後どう展開するのか。マーケット取材のベテランである北沢千秋、土屋直也、小栗太の編集委員3人が、7月相場の見通しについて話し合った。

――6月の最終週は木曜、金曜の2日間で日経平均が800円を超える上昇とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4229文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン