/

この記事は会員限定です

日本株売り、5月は前兆 外国人が狙う「本丸」

経済ジャーナリスト・西野武彦

[有料会員限定]

5月23日以降の日経平均株価の動きは、2012年秋から上げ潮が続いてきた相場の流れが大きく変わったことを示しています。23日は午前に一時315円高の1万5942円まで上昇した後、一転して下落。終値は東日本大震災直後を上回る1143円の急落でした。24日も一時523円高から502円安となり、終値は128円高。いずれも値幅が1000円を超える乱高下です。

市場では高値警戒感が強まっていました。そこに(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1929文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン