/

働いて年金を増やす法

40代からはじめるセカンドライフプラン(5)

第4回では、ゆとりあるセカンドライフを手に入れるひとつの方法として、"リタイア年齢を遅らせる=レイトリタイア"を紹介しました。今回は、働き方が年金に与える影響について考えてみましょう。

毎年届く「ねんきん定期便」にある情報を元に、将来受け取る年金見込み額を試算することができます。50歳未満の人のねんきん定期便には、これまでの加入実績に応じた年金額しか加味されておらず、実際に老後受け取る年金額よりもかなり小さい金額です。同封されている見込み額計算シートに沿って、試算してみましょう。年金額が具体的に見えてきます。

会社員が受け取る老齢厚生年金は、年収が高いほど、また働く期間が長いほど年金が増えるしくみです。つまり、60歳以降も会社員として働き、厚生年金に加入していれば、年金額が増えることになります。

例えば45歳の人が60歳で退職するのに比べ、65歳まで延長して5年間、年収約420万円(手取り約350万円)で働くと、65歳以降の年金額は年約12万円増。たとえ毎月1万円でも終身で受け取れるので、仮に20年としても約240万円増える見込みです(物価の変動を見込まない場合)。

ただし、年金を受け取りながら厚生年金に加入して働く場合、一定額以上の収入があると年金の一部が支給停止される「在職老齢年金」というしくみが適用されます。1カ月分の年金額(加給年金は除く)と、年収を12等分した収入(正確には年金計算の基準となる総報酬月額相当額)を足した金額が、60~64歳の場合は28万円を超えた場合、65歳以降の場合は48万円を超えた場合に、年金が減額される制度です。 詳しく試算してみたい方は、弊社サイトのExcelツールをご利用ください。

>>『プラチナ・コンシェルジュ お役立ちツール』:在職老齢年金  http://www.pt-con.jp/tool/index.html

雇用環境は依然厳しい状況ではありますが、専業主婦やパートの妻が厚生年金に加入できる仕事に就けたなら、妻の年金を増やすことも可能です。老齢基礎年金を受け取る資格があれば、厚生年金の加入暦が1カ月でも老齢厚生年金を受け取ることができます。仮に、今後月収20万円程度で5年間勤めた場合、老齢厚生年金は年額約6.5万円、10年間ならその2倍の13万円増える試算です。

未来家計簿ではシミュレーションが何通りもできるので、自分自身や家族の働き方を考える場合に役に立ちます。子どもの独立年齢や、住宅ローンの返済期間なども考慮しながら、"must"と"better"の選択肢を導く有効な手段と言えるでしょう。

(図表1)65歳まで働いた場合

フォーマットのEXCEL表は、(株)プラチナ・コンシェルジュのHPから無料でダウンロードできます。

『ライフプラン&キャッシュフロー表 2011年度版』(未来家計簿) http://www.pt-con.jp/tool/index.html

(株)プラチナ・コンシェルジュ 田辺 南香(ファイナンシャル・プランナー)

<筆者プロフィル> 大学卒業後、情報出版会社に勤務。社内のITコンサルタントから、ファイナンシャル・プランナーへ転身。心豊かな生活を実現するお金のコンシェルジュとして、ライフプラン・保険・資産運用などに関するアドバイス・執筆・セミナー講師などを中心に活動している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン