/

この記事は会員限定です

規制で態度一変のFX会社、「価格操作」裏付け?

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

これだけ状況が一変するとは――。最近の外国為替証拠金取引(FX)について、そんな思いを抱いている個人投資家もいるかもしれない。投資家が不利益を被る「怪しい価格操作」が一気に減ったと見られているからだ。背景には12月から全面実施された業界の自主規制があるとみられており、それ自体は投資家にとって朗報。ただ、裏返していえば従来かなりひどい価格操作が一部で行われていたことを示唆している。また、実は操作が完...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2100文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン