/

7ミリ秒の疑惑 FOMC声明文が事前漏洩か

9月18日、米国東部時間午後2時に米連邦準備理事会(FRB)から発表された「緩和縮小延期」声明が、7ミリ秒(7/1000秒)以内にトレーダーに伝わっていたとの疑惑が生じて議論を呼んでいる。

取引員たちの目はアルゴリズム売買のモニター画面に集中(ニューヨーク商品取引所)

ナネックス(シカゴの調査会社)が指摘して、FRBも調査を始めている。この声明文は、ワシントンで午後2時(米国海軍天文台が設定する時刻)に発表されたが、その7ミリ秒内に、シカゴで金売買やE-miniフューチャーズ(個人向け少額先物取引)で、売買が成立しているというのだ。

光速通信を駆使してもワシントンからシカゴまで7ミリ秒以内で情報を伝達することはできないはず。人間のまばたきが300ミリ秒という。

アルゴリズム取引では、「緩和縮小延期」の情報がインプットされた瞬間に、人間の力の届かない「ブラック・ボックス」の中で、自動的に金であれば「買い」注文が出される。では、実際にどのように、この声明がメディアに流れるか、そのプロセスを追ってみよう。

まず午後1時半に、各通信社の記者がロックアップ・ルームと呼ばれる鍵のかかったFRB内の部屋に入る。各自、事前に機密漏えい禁止に関する厳しい書類に署名している。午後1時45分には、その部屋に鍵がかけられ、出入りは出来なくなる。そこで、声明文のコピーが配布され、各記者が急ぎ読み込んで午後2時からの報道に備える。そのような環境下で、果たして、外部への情報伝達が可能か否か、FRBが調査中なのだ。

当局が神経質になるのは、今年に入り、同様の出来事が生じているからだ。

1月には、米エネルギー情報局(EIA)が天然ガスリポートを発表する400ミリ秒前に、天然ガス先物売買が急増したという事例が話題となった。6月には米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した製造業景況感指数を超高速取引トレーダーが15ミリ秒早く入手して事前に売買を実行したとの疑惑も明らかにされた。

更に、大手通信社が「特別会員」にミシガン大学消費者信頼感指数を午前10時の正式発表より早く午前9時54分58秒に伝えていたことが議論の対象となった。このような事例は、データ・プロバイダーのビジネスとして既に定着している。実際、大手通信社が提供するサービスでは、普通会員でも午前9時55分には、データにアクセスできる。これが、「情報格差」の例とされたのだ。

そして、今回のFOMC声明文。さすがにFRBも無視できなくなったようだ。

特に、18日のFOMC声明文発表直前まで、金市場は「9月量的緩和縮小発表」を織り込み、売りが先行する中で1300ドルの大台での攻防が続いていた。しかし、大方の予想に反し、「緩和縮小延期」となったので、声明文発表直後に1340ドル台まで急反騰し、更に同日の大引けまでには1370ドルまで続騰した。先物市場での空売り投機筋が、一斉に損切りの買い戻しを入れたわけだ。

超高速取引が支配する市場では、7ミリ秒のアドバンテージは大きい。筆者は今年5月と9月にニューヨーク商品取引所を訪問しているが、ピット(売買の場)では、取引員がブースに備え付けのアルゴリズム売買モニター画面に見入り、また、タブレットで電子取引の最新売買状況を常にチェックしている姿が印象的だった。

もはや、場立ちの出る幕はない、と嘆く旧知のベテラン・フロアトレーダーもいた。今のトレーダーに必要なスキルは、テレビゲームで鍛えられた、瞬時にキーボードをたたくスピードである。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島逸夫事務所(2011年10月3日設立)代表。11年9月末までワールド ゴールド カウンシル(WGC)日本代表を務めた。
 1948年東京生まれ。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラーとなる。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験をもとに金の第一人者として素人にも分かりやすく、独立系の立場からポジショントーク無しで、金市場に限らず国際金融、マクロ経済動向についても説く。
ブログは「豊島逸夫の手帖」http://www.mmc.co.jp/gold/market/toshima_t/index.html
ツイッター(http://mobile.twitter.com/search?q=jefftoshima)ではリアルタイムのマーケット情報に加えスキー、食べ物など趣味の呟きも。日経マネーでは「現場発国際経済の見方」を連載中。日本経済新聞出版社や日経BP社から著書出版。
業務窓口は jefftoshima@hyper.ocn.ne.jp
豊島逸夫さん責任編集のムック本『不安を生き抜く!「金」読本』が日経BP社から発売されました。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン