2019年9月24日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,098.84 +19.75
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,940 +30

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

金銀暴落、「劇場のシンドローム」は続くか

(1/2ページ)
2011/9/24 10:18
保存
共有
印刷
その他

リーマンショック直後を連想させる貴金属の換金売りのウエーブが止まらない。昨晩(23日)も金銀とも暴落。金は24時間で1754ドルの高値から1628ドルの安値まで100ドル以上下げ、その後1650ドル台で推移している(日本時間9月24日早朝)。

銀の下落は更に厳しく、5ドル以上下げて30ドル台へ。

先週末時点で銀は40ドル、金は1812ドルであった。週間下げ率で見れば金が9%、銀が25%ほどになる。これにより年初からの騰落率は銀がマイナスに転じた。金はそれでもプラス16%である。 価格変動の激化で米国商品先物取引所は先物取引にかかる証拠金を金で21%、銀で16%引き上げる決定を、昨晩の引け後に発表。来週月曜引け後から適用される。これによりロング(買い持ち)の投機筋による手仕舞い売りが加速する可能性もあるが、新規のショート(空売り)を抑制する効果もある。事実、換金売りの津波に乗じて投機的に空売りを入れる動きが見られていた。

さて、今回の貴金属「総売り」は、昨日本欄で述べたように、特に突発的に1つの大きな要因が引き起こしたわけではない。

市場の流動性が枯渇する中で、「大手ヘッジファンドが売った」などの根拠の無い噂で、一斉に市場参加者が売りに走った。混み合った劇場で誰かが「火事だ」と叫び、観客全員が我先に非常口に走るという「劇場のシンドローム」だ。

この換金売りは長くは続かない。一巡して鎮静化するは必至。

いずれにせよ、このようなパニック売りは市場の緊張感がピークに達したときに起こりがちだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。