冷戦対応の円安レート 1ドル=360円の秘密(1)
ジャーナリスト 岡部直明

(1/2ページ)
2014/7/29 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「円は丸くて360度だから360円だ」といったのは田中角栄元首相だが、もちろん角栄流の冗談である。第2次大戦後の復興そして高度経済成長の土台になった1ドル=360円の固定レートは、どんな国際情勢のもとで決まったのか。それは、大戦中の連合国体制が崩れ、米ソが角突き合わせる冷戦時代の始まりだった。

■1949年という年

戦後4年を経た1949年という年は、世界にとって、日本にとって大きな節目の年になっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]