/

この記事は会員限定です

「しつこい円高圧力」 経済低迷下でも続く不思議な仕組み

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「思ったほど円安にならなかった」――。ギリシャ再選挙に続き米金融政策を話し合う連邦公開市場委員会(FOMC)も開かれ、円売り材料が出た今週、そんな声がマーケットで聞かれた。デフレ脱却がなかなか実現せず、日本経済の低迷も解消されないのに、「しつこい円高圧力」が加わり続けているようだ。一体どうしてなのか。そこには意外なメカニズムが働いている。

17日のギリシャ再選挙で財政緊縮派が勝利すると、同国のユーロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン