2019年4月22日(月)

バーナンキ発言で新興国トリプル安 日本は株高第2幕も
編集委員 土屋直也

(1/3ページ)
2013/6/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の量的緩和の縮小発言が国際マネーの変調を呼び起こしている。特に顕著なのが新興国を巡る動きで、トリプル安症状を示している。

バーナンキ議長の19日(日本時間20日未明)の記者会見は事前の市場予想以上に量的緩和の縮小に踏み込んだ。縮小開始と終了の時期をある程度明示したほか、縮小のペースに関してもゆっくり進めるといった発言はなかった。市場の動揺をさそう内容だ。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報