2017年11月20日(月)

尖閣より怖い? 中国構造不況の深度 編集委員 土屋直也

(1/4ページ)
2012/9/21 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 尖閣列島を巡る日中緊張は長引きかねず、反日デモでの破壊対象となったイオンなど流通企業株が売られた。だが、不買問題など反日行動以上に日本企業にとって深刻なのは中国経済そのものの失速リスクだ。構造的な不況要因が明らかになってくるようなら、輸出企業を中心に製造業株が売り込まれる展開もあり得るだろう。

 「中国は景気てこ入れに動いているが、一部の中国専門家は中国の輸出減速の影響を完全に過小評価している」―…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報