/

この記事は会員限定です

米緩和縮小で動き出す「円安・株高」第2幕

[有料会員限定]

20日午前の東京市場で日経平均株価は反落し、長期金利も一時上昇(債券相場は下落)した。19日(日本時間20日未明)に米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が記者会見で「年内に証券購入のペースを緩やかにするのが適切と考えている。2014年半ばには証券購入を終了させたい」と表明。量的緩和の縮小時期が市場の想定より早いとの見方から、米国株と米国債がともに売られた流れを受け継いだ。だが市場関係者は米景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン