2019年8月23日(金)

米緩和縮小に次ぐ円安・株高材料か、円安輸出力に回復説
編集委員 土屋直也

(1/3ページ)
2013/12/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和の縮小開始を受け19日は円安・株高が進んだ。当面はこの流れが続きそうだが、他に為替・株に材料はないのか。気になるのは、18日発表の日本の巨額の貿易赤字とその一因である輸出不振だ。輸出は来期の企業収益を左右し、来年の日本経済を占ううえでカギを握る。

円安なのに輸出は増えない、いや増える――。いま、エコノミストの最大の論争点のひとつだ。円安による輸出力が衰えている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。