/

この記事は会員限定です

給与天引きでNISA みずほ銀、職域営業で新手法

投信積み立て、まずフマキラーと

[有料会員限定]

少額投資非課税制度(NISA)の利用者を職場単位で勧誘する「職域営業」で、みずほ銀行が新手法を編み出した。給与からの天引きで投資信託を積み立てられるシステムを開発。企業や事業所の従業員がNISA口座で投信を毎月購入できる仕組みだ。初の導入企業となったのは殺虫剤大手のフマキラー。小口投資家が中心のNISAだが、企業単位でアプローチすれば一度に多くの顧客を獲得できるチャンスもある。「天引きNISA」も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン