/

この記事は会員限定です

良識派の「あまのじゃく」シラー教授 ウォール街への視線

米州総局編集委員 西村博之

[有料会員限定]

ニューヨーク市内から米東部沿岸を北上すること120キロ余り。コネティカット州ニューヘブンは、住宅街と大学施設が融合し、街そのものがエール大のキャンパスのようだ。この緑の多い一画にある古い木造のお屋敷に、ロバート・シラー教授のオフィスがある。

割り当てられた1階の部屋には、床から書物が積み上がっている。目を引くのは、白いチョークで数式が書き込まれたレトロな感じの黒板だ。

「これ、気に入っているんだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン