「6年後に再び1ドル=80円台」という警鐘
編集委員 田村正之

(1/4ページ)
2014/2/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1ドル=100円強でこう着する為替相場。しかし貿易赤字の定着で「長期では円安」という見方があたかも決定事項のように語られがちだ。その中で大和総研は今月、6年後以降は再び80円台に戻るという中期見通しを出した。エコノミストの間で「現在の為替はすでに実質ではプラザ合意前と同じ円安で、やがて円高方向に修正されそう」という見方があることと整合的だ。

グラフAは大和総研の中期予測。この先5年程度はゆるやか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]