2019年9月16日(月)

新顔にない妙味も 運用期間長い「いぶし銀」投信
はじめての投資信託 実践編(29)

(1/5ページ)
2013/3/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

カネダくん、突然ですが「クイズ」です。お酒と切手と投資信託の共通項って何だと思いますか?

なかなかお金をためられない<strong>カネダマモル</strong>くん。カネダくんと一緒に投資信託を学びましょう。

なかなかお金をためられない<strong>カネダマモル</strong>くん。カネダくんと一緒に投資信託を学びましょう。

「えっ、何だろう……。あっ、分かりました。古いものほど価値がある、ですね?」

その通りです……。投資信託の場合、古ければ必ず価値が出るとは限りませんが、それでも運用期間が長いファンドを掘り下げてみる価値は十分あります。カネダくん、これから毎週10本の「運用リポート」を読みこなしていってほしいのです。その際、新しいファンドと古いファンド、両方のリポートを読んでみてくださいね。

「(カネダくん、無言……)」

(それから1週間後、カネダくんは筆者に運用レポートを手渡しました)

「カンさん。古いファンドでこんなのを見つけましたよ」

ほおー、「三井住友・日本株オープン」ですか。なかなか渋いファンドですね……。では、この運用リポート(2月28日現在)を一緒に見てみましょう。

http://www.smam-jp.com/fund/pdf/112657m.pdf

カネダくん、この投資信託が運用を開始したのはいつですか?

「はい。1994年の9月です」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他


関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。