/

この記事は会員限定です

円安の行方左右する日本の「改革努力」

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

黒田日銀による「異次元の金融緩和」が円安誘導政策になりかねない点に対して、米通貨当局が警戒感を強め始めた。同国財務省が12日、日銀の緩和策が外需ではなく内需の拡大を後押しするものなのかを注視する方針を打ち出したのだ。米側は、日本の景気刺激の手段としてマクロ経済政策より構造改革を重視する姿勢も示している。米国による円安批判の本格化を回避するためには、日本が金融政策に過度に依存することなく規制改革など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン