米債務問題、円高終息への期待に一抹の不安
編集委員 大塚節雄

(1/3ページ)
2013/10/11 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の債務上限引き上げの期限とされる17日まで、あと1週間を切った。外国為替市場の円相場は10月以降、1ドル=96~98円台へと円高方向にレンジを切り上げた。9月以降、100円台の円安水準が定着しそうでしない状況が続くうちに、やはりというべきか、逆に円買い方向に試す動きが優勢となった。

10日の東京外為市場ではオバマ政権・民主党と共和党との間で協議が進展するとの期待が高まり、円買い・ドル売り圧力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

米財政協議と相場の行方

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

電子版トップ



[PR]